不動産投資を行なう

淡々と中古ワンルームマンション投資をしよう

中古ワンルームマンションでの不動産投資から始め、1棟アパートや1棟マンションなどの収益物件を複数保有し賃貸経営をするにまで至った人も数多くいます。賃貸経営というととても資金がかかるものというイメージを持つ人が多いですが、中古ワンルームマンションでの不動産投資を淡々と行っていけば、ある時期から数千万円や1億円を超える物件を保有することもそれほど大きなことに感じなくなります。まずは1000万円前後の中古ワンルームマンションを複数戸保有することを意識して不動産投資を始めましょう。最近では、不動産価格の上昇が顕著ですが、このような時期に不動産投資をすることをためらってしまうといつまで経っても資産運用は始まりません。

金融機関も喜んで融資してくれます

まずは1戸の中古ワンルームマンションを購入してみるということが重要です。以前はサラリーマンが中古ワンルームマンション等で不動産投資をするために金融機関はお金を貸してくれることはほとんどありませんでした。しかし、今では、担保価値のある収益物件さえ見つければいくらでも貸してくれます。金融機関の不動産投資や賃貸経営に対する姿勢が変わってきたのです。この機会をしっかりと活かしましょう。賃貸経営までの道のりにはローンの問題が必ず登場します。中古ワンルームマンションから1棟アパートに切り替える際に十分に担保価値のある物件を保有しているかどうかが大きなポイントです。中古ワンルームマンションを買う時には物件の見定めが欠かせません。

TOPICS

マンションの駐車場

マンションに移り住んだ際、駐車場が割り当てられないことがあります。そのような時は、マンション付近にある駐車場を探す必要があります。最近の駐車場事情やカーシェアリングに関する情報をお教えします。

Read More

経営のメリット

アパート経営を行なうことで、金融機関で自己資金よりも借り入れる事ができます。また、安定した収入を得たり、収益を使って住宅ローンを返すことができるのです。資産を残すこともできるので便利です。

Read More

  • 注意点と特徴

    サブリースをすると空室のリスクを防げるだけではなく、住民のトラブルや苦情にも対応してくれます。また、業者によるメンテナンスも行ってくれます。賃料収入を確実に得られるのです。

    Read More

管理すべきこと

賃貸管理を行なうには、全てのことをしっかり管理する必要があります。入居者や経営に必要な資金などの管理です。賃貸管理をしている大家さんは、このような管理が大切なのです。

Read More